FC2ブログ
--/--/-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top
アスパラガスとサンドライトマトのレモンソース Lemon souce Tagliolini with asparagus and sundriedtomato << Home >> 簡単でおいしいタルト生地 Tart Cheesecake Crust 
2013/02/26 濃厚チーズケーキ Japanese style Cheese cake
kako-SXUaIHHsYfNJ9bpo[1]


今日は前回のの予告通り濃厚なチーズケーキのレシピの紹介です!

そこで1つチーズケーキが食べたくなるような、、う~ん、ならないような。。。と言うのも私が紹介したいここ、そもそもチーズケーキなかったような。。。いやっ!あってもなくても食べたくなってもらいましょう。

img_0459[1] kako-4wuvrlecczplqj4p1[1]
           kako-mrcxy7nxgziwxiie1[1]

Le Marche St. George Cafeです。オーガニックと基本的に扱ってるお店みたいで、ローカルの野菜や衣類、ソーセージ、ヨーグルトなどの加工食材、陶芸品まで所狭しと並んでいて、めちゃかわいいです。

写真はゼッポリーネと言うイタリアの揚げピザドーナツですね。前回といい最近どうもドーナツ好いてますが。こちらのドーナツももちもちしていておいしいですよ!サーブされるお皿もアンティークのお皿ばかりで、店員さんの感じもすごくよくって、こちらまでかわいい気持ちになれました。

このカフェは、East VancouverのFraser Stの隣のGeorge stと28thの住宅街の角地にあって、外観も年季の入った建物に野菜や花が売られていてかわいいです。

さて今回は濃厚なチーズケーキですね!私チーズケーキ大好きなんです。学生時代、神戸にある栄町のハオスか今はなきレッドクラウドに行ってはチーズケーキ食べてたな~。濃厚でおいしいんです。

今回のレシピはそんな私の大好きなカフェのチーズケーキに近いものができるようなレシピです。濃いチーズケーキ派の方は必見!低脂肪のクリームチーズではなく、フィラデルフィアなどのレギュラークリームチーズを使うことをオススメします。

前回紹介したhttp://foodieskitchencanada.blog.fc2.com/blog-entry-11.html簡単でおいしいタルト生地と併せて作ってください。

   <材料>   18cm型
•クリームチーズ(フィラデルフィア)(室温に戻す)    250g
•生クリーム                       200cc
•卵(室温に戻す)                    2個
•砂糖                          80g
•薄力粉                         大さじ3
•レモン汁(お好みで量を調節してください)        1個分

dscn0961[1]

クリームチーズをボールに入れ、クリーム状になるまで混ぜる。砂糖と溶き卵を加えしっかり混ぜ合わせる。

この時オーブンを170度に予熱しておく。

dscn0963[1]

生クリームを加えてかき混ぜ、薄力粉を加え再び混ぜ合わせる。最後にレモン汁をきっちり混ぜ合わせ、前回紹介したhttp://foodieskitchencanada.blog.fc2.com/blog-entry-11.html簡単でおいしいタルト生地の生地に流し込み、170℃オーブンで45分焼く。

dscn0987[1]

1日おくと味が落ち着くので、私はそっちのほうが好きですが、ふんわりした感じが好きならその日のうちにどうぞ!

パン・お菓子作り ブログランキングへ
15:57 | sweets | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
アスパラガスとサンドライトマトのレモンソース Lemon souce Tagliolini with asparagus and sundriedtomato << Home >> 簡単でおいしいタルト生地 Tart Cheesecake Crust 
Trackback









Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ



Copyright © Foodies Canada All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。