--/--/-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top
2013/02/26 濃厚チーズケーキ Japanese style Cheese cake
kako-SXUaIHHsYfNJ9bpo[1]


今日は前回のの予告通り濃厚なチーズケーキのレシピの紹介です!

そこで1つチーズケーキが食べたくなるような、、う~ん、ならないような。。。と言うのも私が紹介したいここ、そもそもチーズケーキなかったような。。。いやっ!あってもなくても食べたくなってもらいましょう。

img_0459[1] kako-4wuvrlecczplqj4p1[1]
           kako-mrcxy7nxgziwxiie1[1]

Le Marche St. George Cafeです。オーガニックと基本的に扱ってるお店みたいで、ローカルの野菜や衣類、ソーセージ、ヨーグルトなどの加工食材、陶芸品まで所狭しと並んでいて、めちゃかわいいです。

写真はゼッポリーネと言うイタリアの揚げピザドーナツですね。前回といい最近どうもドーナツ好いてますが。こちらのドーナツももちもちしていておいしいですよ!サーブされるお皿もアンティークのお皿ばかりで、店員さんの感じもすごくよくって、こちらまでかわいい気持ちになれました。

このカフェは、East VancouverのFraser Stの隣のGeorge stと28thの住宅街の角地にあって、外観も年季の入った建物に野菜や花が売られていてかわいいです。

さて今回は濃厚なチーズケーキですね!私チーズケーキ大好きなんです。学生時代、神戸にある栄町のハオスか今はなきレッドクラウドに行ってはチーズケーキ食べてたな~。濃厚でおいしいんです。

今回のレシピはそんな私の大好きなカフェのチーズケーキに近いものができるようなレシピです。濃いチーズケーキ派の方は必見!低脂肪のクリームチーズではなく、フィラデルフィアなどのレギュラークリームチーズを使うことをオススメします。

前回紹介したhttp://foodieskitchencanada.blog.fc2.com/blog-entry-11.html簡単でおいしいタルト生地と併せて作ってください。

   <材料>   18cm型
•クリームチーズ(フィラデルフィア)(室温に戻す)    250g
•生クリーム                       200cc
•卵(室温に戻す)                    2個
•砂糖                          80g
•薄力粉                         大さじ3
•レモン汁(お好みで量を調節してください)        1個分

dscn0961[1]

クリームチーズをボールに入れ、クリーム状になるまで混ぜる。砂糖と溶き卵を加えしっかり混ぜ合わせる。

この時オーブンを170度に予熱しておく。

dscn0963[1]

生クリームを加えてかき混ぜ、薄力粉を加え再び混ぜ合わせる。最後にレモン汁をきっちり混ぜ合わせ、前回紹介したhttp://foodieskitchencanada.blog.fc2.com/blog-entry-11.html簡単でおいしいタルト生地の生地に流し込み、170℃オーブンで45分焼く。

dscn0987[1]

1日おくと味が落ち着くので、私はそっちのほうが好きですが、ふんわりした感じが好きならその日のうちにどうぞ!

パン・お菓子作り ブログランキングへ
スポンサーサイト
15:57 | sweets | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2013/02/24 簡単でおいしいタルト生地 Tart Cheesecake Crust 
dscn0991[1]


みなさ~んティラミスドーナツって食べたことありますか?

私ミスドではいつもオールドファッションとかフレンチクルーラー頼むタイプのオールドファッション人間なんですね。これ、強いて言えばイマドキファッション!?ドーナツなんですが、ちょっと感動しました。

お友達がお土産に持ってきてくれたもので、バンクーバーのCafe激戦区、Main stと14thあたりにある大人気のドーナツ屋、Forty Ninth Cafe & Lucky's Doughnutsより、多分見たことないので期間限定ですかね、、

      dscn1035[1]

写真ティラミスドーナツかなり脇役的な写りですよね。食べる前はそんなにおいしいとはつゆ知らず、、、一番後ろの茶色いやつです。中はクリームが入っててリッチなドーナツです。イタリア人にぜひとも食べさせて反応を見てみたい1品です。

あとここのドーナツ屋、私のオススメはキャラメルオールドファッションドーナツ。オールドなのかイマドキなのかよくわからないドーナツだけれど、もちもちしていておいしいです。

ドーナツと言えば、バンクーバーのセブンイレブンの丸いプチドーナツ、これもお友達にもらったんですが日本のドーナツみたいでおいしかったです。さすが日本の企業ですね、砂糖をうまくセーブしてくれています。バンクーバー在住のみなさん、小腹が減ったらぜひ!

さてドーナツについていろいろお話しましたが、今日はチーズケーキやタルトなどに使うタルト生地紹介します。これめっちゃ簡単で、おいしいです!そして次回は“濃厚なチーズケーキ”紹介するので、乞うご期待!

dscn0887[1]

※レシピは18センチのパイ型3個分で作っています。私はいつも冷凍していて、必要なときに解凍して使っています。

   <材料>
•薄力粉           250g
•バター           130g
•砂糖            70g
•卵             1個

dscn0890[1]

バターをよくかき混ぜクリーム状にし、砂糖を加えよく混ぜる。

dscn0892[1]  dscn0894[1]

卵を加えよく混ぜ、薄力粉を加え一塊にする。

  dscn0898[1]

生地をきっちり3等分にわけ、使わないものは冷凍庫に保存、使うものは冷蔵庫に30分~1時間ほど寝かせる。その間にケーキの型にバターを塗っておく。

dscn0926[1] dscn0931[1]
dscn0936[1] dscn0937[1]
dscn0939[1] dscn0947[2]

写真のように生地を麺棒で伸ばし、型に覆いかぶさるように乗せ、型にぴたっと添わせる。特に角っこは指で空気の入らないように押ししっかりフィットさせる。

冷蔵庫で1時間ほど寝かせ、予熱したオーブンで180度、10分~15分焼く。

img_0306[1]

苺などのフルーツを乗せて、タルトもできます。


パン・お菓子作り ブログランキングへ

15:29 | sweets | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2013/02/21 トマトのブルスケッタ Tomato Bruschetta
dscn1030[1]

みなさんこんにちは。

これ、料理ともカナダとも違うんですが、、、

dscn0969[1] dscn0972[1]

1年ぶりに再会したドイツ人のお客さんからもらったもんで、南アフリカのお隣、ジンバブエのお金です。見てくださいゼロの数、「いち、じゅー、ひゃあ~く、せん、まぁあああ”~~~かぞえられるかっ~!」となりそうなゼロの数ですね。“1億ドル”です。

なんかお金持ちになった気分になりますが、コーヒーすらも買えるか否かのような価値だそうです。じゃあランチセットなんて頼もうものなら一体何億ドルなんでしょかね?レストランの看板に“10億ドルランチ!”なんて書いてあったら、ジンバブエの人は10億ドルだってお得!食べるしかない!って思ったりするんですかね。そうなるとジンバブエには億万長者だらけ!?インフレ、デフレを繰り返してるんでしょうかね~謎ですね~。

さてジンバブエはさておき、今日はイタリアの代表的前菜ブルスケッタです。ホントにめちゃ簡単で、さっぱりしておいしいですよね。朝ごはんにもニンニクさえ気にならなかったらもってこい!さあ今日はブルスケッタとシャンパンでイタリアフルコースのスタートなんていかがでしょうか、みなさん?

今回はギリシャのパンを使いましたが、バケットを使用してください。

kako-gfhhkjpt294tawpx1[1]

<材料>   10個分
•トマト                   3個 角切り、種はある程度とる
•エクストラバージンオリーブオイル   大さじ2
•ニンニク                  2片 皮をむく
•ナツメグ                  適量(なければ使用しなくてもいいです)
•塩                     小さじ1(今回はローズマリロックソルト使用しましたが、普通の塩でもOK)
•胡椒                    適量
•バケット                  10枚(スライス)
•オリーブオイル              適量(バケットに塗る用)

dscn1006[1]

①バケットとバケット用のオリーブオイル以外の材料をボールに入れて混ぜ、1時間以上冷蔵庫で寝かせる。

で余った少しのニンニクを刻み①に入れるとより香りがいい。

kako-9lyrx2v9h1sxkg3r1[1]

食べる直前にトマトをのせるとカリッとしておいしい。ディルなど緑のハーブなど上に乗せるときれい。


料理レシピ集 ブログランキングへ
15:10 | etcetera | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2013/02/17 黒米と洋ナシのサラダ Black Rice & Pear Salad
dscn0883[1]

みなさんこんにちは。

じゃ~ん、これギリシャの伝統的なパン、クルーリKoulouri!?です。

kako-ftk7nmjvgenlegzp1[1]

とは言ったものの、、ギリシャ料理は好きだけど、ギリシャのパンのことは全然知らないので薀蓄は語れません。

私の住んでいる場所の近く、WEST BROADWAYはギリシャ人が多いのか、ギリシャ系のお店が結構あるんですよね。その中の1軒でとても庶民的なパン屋さん、前から少し気になっていたので入ってみました。何を買えばいいのかわからずぼんやり見ていたら、おばちゃんがすかさず「これはギリシャで昔から食べられている庶民的なパンだから試してみなさい。」ということで、どうやって食べればいいのかわからないまま、とりあえず購入してみました。

家に帰って食べたところ、フランスパンまでライトな感じではないけれど、近いところがあって私はクリームチーズ塗って食べたんですが、きっとスープにつけたり、サンドイッチしたり、グラタンにしたりいろいろ使えるなあ~というような、お食事パンでした。

ネットで見てみたところ、ギリシャでは屋台で売られるようなパンみたいですね。結構食べやすいので、もし見つけたら購入して何かオススメの食べ方あったら教えてください。お待ちしてます。私もいつかこれで何かレシピ作りたいな。

さて今日は黒米、パンではなくて米レシピです。

dscn0839[1]

この黒米、アントシアニンが含まれていて、ブルーベリーもそうなんですが視力回復や動脈硬化にいいんです。後は食物繊維やカルシウム、マグネシウム、ビタミンB、E、ミネラルなどなどなど、いろんな栄養が豊富に入っているんですね。

そして黒米はもち米ですね。元々アジア、東南アジアで食べられていたもので、中国では漢方としても使われていたようです。

今ではカナダのオーガニックの売り場や健康食材売り場などでも売られています。日本もきっとデパートなどの食品売り場や道の駅!?などで見つからないでしょうかね。。?

kako-a6awa2hi6uxj2o7p1[1]

<材料>      4人分
•黒米(1,2度軽くすすぐ)     1、5合(270cc)
•イエローパプリカ(みじん切り)  1個
•洋ナシ (みじん切り)      1個
•ピーナッツ            大さじ2
•塩                大さじ1/2

ドレッシング
•レモン汁             1個
•レモン皮(摩り下ろし)      1個
•ハチミツ             大さじ1
•エクストラバージンオリーブオイル 大さじ2
•塩コショウ            2つまみずつ
•ドライチリ            1つまみ(入れなくてもよい)

①すすいだ米に塩と3カップの水を入れ始めは強火、沸々いいだしたら中火で湯気が出てこなくなるまで(焼く20分弱)炊く。湯気が出てこなくなったら、弱火にし10程度炊き、火を止め10分間ふたを開けないようにして蒸らす。

※鍋の中のぶくぶくと言う音で判断してください。始めは沸騰の音、次は中に水分が無い音がします。

dscn0865[1]

②ご飯を炊いている間、ドレッシングの材料を全て混ぜ、炊き上がったご飯に寿司飯を作るように混ぜ、冷蔵庫で20~30分程度冷ます。

dscn0870[1] dscn0872[1]

③米が冷めたら、残りの具材を全て加え混ぜるだけ。

1日冷蔵庫で寝かしたほうがおいしいです。レモンの味がきついのが嫌いな人はレモンの皮の量を減らすか、レモンの代わりにグレープフルーツ使ってもおいしいです。

dscn0875[1]


料理レシピ集 ブログランキングへ
14:49 | salad | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2013/02/13 マッシュルームスープ Mushroom Soup
kako-z5ndqzsfwyisvool1[1]

みなさんこんにちは。

先日日本から小包が届きました。こちらバンクーバーは中国人をはじめ、アジア人がめちゃ多いんですね。なので日本の食材にはそんなに苦労はしないんですが、やっぱりちょっとしたその土地のものや、レアなものなどは手に入らないので、貴重です。それと日本米!多分あるんでしょうが見たことはないです。普段日本語の名前のついたカリフォルニア米を食べているのですが、甘みや粘りが全く違いますね。日本の米って最高だな~とつくづく実感します。そんな中、、、

img_04371[1]

知ってます?たんねん焼き??私はてっきり兵庫県の隠れ名産だと思っていたのですが、どうやら奈良で製造されているようです。さすが日本のお米、カリフォルニア米じゃまねできないよ!こんなの食べたらビールか緑茶が。。。ビールか緑茶って、えらい違いですがどちらもあいますよね~。

日本のみなさん、もしみつけたら一度食べてみてください。きっと止まらなくなって後で後悔しますよ。ふふふ

さて右のものは一緒に入っていた手袋です。これつけて、あったかいスープ飲んで春のおとずれを待つとしましょうかね。このマッシュルームスープ、クリーミーですごくおいしいですよ~!

dscn0779[1]

<材料>  2人分
•マッシュルーム (スライス)        15個
•セロリ (みじん切り)           2本
•玉ねぎ (みじん切り)           中1個
•レモン汁                  1個
•ニンニク (みじん切り)          2片
•ビーフスープストック(固形スープ代用可)  250cc
•牛乳                    350cc
•バター                   大さじ2程度
•練りゴマ                  大さじ1弱
•小麦粉                   大さじ1
•塩胡椒                   適量

dscn0783[2]



鍋にバターを溶かし、にんにく、玉ねぎ、セロリを中火で玉ねぎが茶色くならないよう、水分がなくなったら少し水をいれ、くたくたになるよう15分から20分程度炒める。

マッシュルームを加え10分程度、マッシュルームがくたくたになり水分が少しとんだ状態になるまで炒め、小麦粉、レモン汁、スープの順に加え10分程度煮込む。

火を止め荒熱をとり、練りゴマを加えて軽く混ぜミキサーにかける。(お好みで具材の荒さは調節してください

ミキサーにかけたものを鍋に戻し、牛乳を加え弱火でコトコト煮込み、塩胡椒で味を調えできあがり!

お皿に盛り付ける際、胡椒を挽いて上に散らすときれいです。

kako-2cemnaaqpvofxytj1[1]

セロリの香りはほぼ無いですが、今回は荒めにブレンダーにかけたので、しゃきしゃきとした食感が少しあっておいしかったです!スープがかたい場合は牛乳で調節してくださいね!

料理レシピ集 ブログランキングへ
14:48 | soup | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2013/02/13 ローズマリーロックソルトとココアクッキー RosemaryRockSalt & Cocoa Cookies
kako-QsarHNRxeEFpCDjC[1]

みなさんこんにちは。

前回のブログからバレンタイン第2弾の予定はありませ~んと言ったやさき、バレンタイン第2弾の型抜きクッキーです!かわいいでしょ!

今回はお友達と料理教室スタイルで一緒に作りました。普段は音楽聴きながら、もくもくと料理するタイプなんですが、楽しいですね~、女同士でクッキー作り。特になんでもない話をしながらもくもくと。。仕舞には恒例の“かわいい~”の連発ですね。

型抜きクッキーって夢があって楽しいですよね。こちらの人はこれにアイシンングでデコレーションしてカラフルなクッキーにするみたいですが、どうも日本人の私の脳みそは、青や緑のクッキーを食べ物として認知できないようです。かわいいですけどね。

さて今日は2種類の味のクッキーです。緑や青ではなく、白と茶色です。色は地味でもホントにおいしいです!カラフルよりも味で勝負です!

      dscn0669[1]



   <材料>  30個分
•薄力粉           400g
•バター (室温に戻す)   150g
•砂糖            150g
•卵 (室温に戻し溶いておく)2個
•ベーキングパウダー     小さじ2
•バニラエッセンス      2,3滴
•ココアパウダー       30g
•ローズマリーのロックソルト 適量(トッピング用)

   dscn0671[1]

小麦粉とベーキングパウダーは混ぜておく。

バターをボールに入れてよく混ぜ、クリーム状になったら、砂糖を2回に分けて入れ、よく混ぜる。

※よく混ぜることによってクッキーがさくさくになります

卵を2,3回に分けて入れよく混ぜる。

※分離したら、2,3つまみ程の小麦粉を入れてみるといいですよ。

バニラエッセンスを加え少し混ぜる。

dscn0677[1]   dscn0679[1]

ボールの中の生地を2つにわけ、心なし多めの半分の小麦粉とベーキングパウダーのミックスを入れてゴムベラで混ぜる。生地をまとめラップに包む。あまりの生地をボールに戻し、ココアパウダーを混ぜ、均等に混ざったら、残りの小麦粉ミックスを入れて混ぜひとつにまとめ、ラップで包み、どちらの生地も冷蔵庫で1時間寝かせる。

※ココアがもし混ざりにくかったら、手で生地をまとめてもよい。

       kako-c94regeyggzrf0pw1[1]

冷蔵庫から生地を取り出し、麺棒で3~5ミリに伸ばし型を取る。白はロックソルトを極微量乗せる。

  kako-b6ogbi6hkrsqvtjk1[1]

180度に予熱したオーブンに10分から15分程度焼く。

kako-kH1XXbJf86YykjDu[1]

ロックソルトがポイントですごくおいしいです。ちなみにココアのてっぺんは端で穴を開けましたが、特に意味はないです。


パン・お菓子作り ブログランキングへ
14:34 | sweets | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2013/02/10 ココア オレンジ バターケーキ  Cocoa Orange Buttercake
dscn0558[1]

みなさんこんにちは。

今日はバレンタイン企画第1弾!ということで、パウンドケーキ作ってみました。第1弾!と言うだけに次があるのかというと、特になにか考えてるわけではないんですが、気がむけば、おいおいやりましょうかねぇ。まだバレンタインまで日はあることだし。

知ってました?バレンタインデーって?ローマ帝国からきたみたいですね。それも人の名前。さすがイタリア、ロマンチックですね~。しかも日本ではバレンタインは“女の子がチョコをあげる日”となっていますが、こちらカナダでもイタリアでも??(すいません、イタリアのバレンタイン事情は知りません)特に女の子がってわけでもなく、特にチョコでなきゃってわけでもないみたいです。そしてホワイトデーなんてないです。日本だけですね。

こうして日本の企業にクリエイトされてできてしまったバレンタインデー、こうなれば日本人らしく、まさおデーとかはるこデーでも日本らしくていいのではないかと思う私。。全くロマンチックではありませんが、できるだけロマンチックなパウンドケーキ作ってみたいと思います!

dscn0339[1]



   <材料>
•薄力粉         130g
•ベーキングパウダー   小さじ1/2
•バター         150g 室温に戻す
•ココアパウダー     30g ※無糖のもの
•砂糖          130g
•卵           2個 室温に戻し、溶いておく
•塩           一つまみ ※無塩バターを使った場合のみ使用してください。
•バニラエッセンス    2,3滴
•オレンジフレーバー   10滴程度
※オレンジフレーバーが無ければオレンジの皮を摩り下ろして入れてください。そちらのほうが断然香りはいいです。

下準備としてパウンド型にバターを塗る。クッキングペーパーのある人はそれを型にはってください。型から抜くときに取り出しやすくなります。

dscn0342[1]

ボールにバターをいれバターがクリーム状になるまでよく混ぜる。砂糖を加えよく混ぜる。

※ここでよく混ぜればふっくらおいしく仕上がります。

dscn0524[1]

dscn0518[1]

小麦粉、ベーキングパウダー、(塩)を加えゴムベラで写真のようになるまで混ぜる。

kako-hbzuigeeya6r13ue1[1]

型に生地を流し込んだら、型を持ち上げ軽くトントンとテーブルに落としてください。そうすると空気が抜けて仕上がりがきれいになります。170度に予熱したオーブンで50分焼く。

kako-vugj1nm9xdfzbu7y1[1]

レンジで少し温めて、生クリームやミントなど乗せるとよりおいしくってかわいくなりますよ!


パン・お菓子作り ブログランキングへ
14:12 | sweets | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2013/02/09 アップルレリッシュ  Apple Relish
dscn0763[1]

みなさんこんにちは。

cimg6053[1]cimg6055[1]
cimg6056[1]

今日はバンクーバーのオススメサンドイッチバーを紹介しますね。

ダウンタウンのHastings stとCambie stにあるお店 “MEAT AND BREAD”

ここはPorchettaというハーブのようなものを巻き込んで、でっかいハムのようにした豚肉を丸焼きにし、その肉をそいでサンドイッチにしたものがおいしです。皮がパリっとしてめちゃおいしいです。写真のサンドイッチは、、豚肉と違いますね~、牛肉です。でも牛肉もとろとろと柔らかく、また絶品。おいしいですよ~みなさん!

さて今日はアップルレリッシュです。

レリッシュとはピクルスの一種で主には野菜の酢漬け。ハンバーガーやホットドッグに一緒にはさむものです。また、味わったり、味を楽しむことという違う意味もあるんです。 Relish!いい言葉ですね~。

ピクルスは酸っぱくて苦手という方、今回作るものはりんごでできているので、きゅうりの酢漬けとは全く違います!これだけで食べるとやはり酸っぱいですが、お肉と一緒に食べるのでへっちゃらです。サワークリームとすごく愛称いいです!ぜひおためしくださ~い。

dscn0582[1]



<材料>
•りんご         2個(日本の大きいものなら1個で十分です。甘みの少ない種類をオススメします)
   ※6等分に切ってスライサーでスライス(いちょう切りのような形にする)
•玉ねぎ         1個
   ※4等分に切ってスライサーでスライス(いちょう切りのよな形にする)
•レモンの皮すりおろし  1個分
•レモンの汁       1個分
•粒胡椒  荒砕きする  10粒程度
•クローブ        3粒(無くてもよい)
•酢           100ml
•砂糖          大さじ2.5

dscn0588[1]dscn0595[1]

全ての材料を鍋に入れてざっとかき混ぜ始めは強火で、ジューと音がしてきたら中火にし、ふたをして15分から20分。時々ふたを開けかき混ぜる。

dscn0596[1]

全てがしんなりしてきてきたらふたを開け、強火にし水分を飛ばしてできあがり!

めちゃ簡単ですね!

dscn0663[1]dscn0648[1]

私イタリアンパセリ、サワークリーム、レリッシュ、生ハムのオープンサンドや、ポークホットドッグを作りましたが、アボカドや豚肉ステーキなど自分好みにいろいろアレンジしてみてください。


料理レシピ集 ブログランキングへ
13:51 | Dressing,Sauce | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2013/02/06 プロシュートとほうれん草の生タリオリーニ prosciutto and fresh spinach tagliatelle
dscn0639[1]

みなさんこんにちは。

今日はグランビルアイランド紹介します。

dscn0489[1]img_04201[1]

グランビルアイランドはバンクーバーの観光地の1つで、ローカルの肉.魚.野菜をはじめ、パン屋やチーズ屋、お惣菜屋。。。なんでもあります。レストランもたくさん入っているし、日本の酒蔵もあって利き酒もできたりするんですよ。

漁師さんの船着き場があってアザラシがいたり、アート図書館があったりで、観光用のためか少し値段は高い気がしますが、散歩にもいいし、私はここでよくパンや鶏のレバー買ってます。ここカナダでは、新鮮なオーガニックの鶏レバーって手に入りにくいんですよね。

シーズン中の夏場は結構込み合ってますが、バンクーバーに来た際には足を運んでみてはいかがでしょうか?

さて、今日はそんなバンクーバーアイランドに、お友達とダウンタウンからの帰り、なぜか雨の中歩こうか~とふらふら立ち寄ったんですね。やっぱり食べ物が好きな人と一緒に行くとテンション上がりますね。

ついついプロシュートに生パスタに、パン買ってしまいました。気分はデパ地下。いや~楽しかったな~!

それでは今日の収穫品、プロシュートとほうれん草の生パスタ作ります!プロシュートってイタリア語でハムの意味ですが、ここでは生ハムですね。パスタは乾燥パスタでもかまいません。みなさんも是非挑戦してみてください!

dscn0607[1]


<材料> 2人分
•サラダほうれん草(普通のほうれん草可)  2掴み程度

※普通のほうれん草の場合、1分程度茹でて灰汁抜きしてください。
•プロシュート               4枚
•牛乳                   50cc
•にんにく みじん切り           1片
•ドライチリ                一つまみ程度
•バター                  小さじ1
•小麦粉                  小さじ1/2
•塩胡椒                  適量
•オリーブオイル              大さじ2
•タリアテッレ(乾燥パスタ代用可)     300g
•粉チーズ (トッピング用)         適量
•イタリアンパセリ(葉の部分、トッピング用) 適量(無くても可)

dscn0626[1]

パスタ用のお湯を沸かし、別の熱した鍋にオリーブオイルを入れ、温まったらにんにく、ドライチリを入れて中火で炒める。にんにくのいい香りがしたらほうれん草を加えて1,2分炒める。

dscn0629[1]

火を弱火にし牛乳、バター、小麦粉はふるいながら入れる。少しくつくつなってきたら塩胡椒で味をととえる。これでソースは完成。

パスタは生だとすぐに湯がけるので気をつけましょう。

茹でたパスタを鍋に入れ、ソースを絡めて皿に盛り、粉チーズ→イタリアンパセリ→プロシュート→胡椒の順でトッピングして、完成!今気づきましたが、パセリ無くても全然いいですね~。

※牛乳は高熱で熱すると分離するので気をつけましょう。

dscn0633[1]


料理レシピ集 ブログランキングへ
13:19 | pasta | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2013/02/04 スノーボールクッキー  Incredibly Easy Snowball Cookies
dscn0422[1]

まだまだ寒い日が続きますねー。

そうそう先日母とSKYPEで話をしていた時のこと。母曰く、だいぶん前に私の日本の携帯に電話をかけたら外人がでて、フーアーユー?て言われて、英語でトライはしてみたものの、おたおたと焦って電話を切ってしまった。もうかけるのがいやだと言うので、カナダの番号を教えたんですね。そしたらフットワークの軽い母、すぐに近所のAUショップに行ってかけ方を教えてもらったらしく、30分後、、、電話が鳴り、変な番号からの着信。電話に出てみると “へろぉ~、あぁ~ゆぅ~なとぅ~みぃ~?あ~いあ~む、あいあ~む、、、”思わず“自分の名前忘れたんか~い”っとツッコミたくなるような母の電話。

また10分後、また変な番号からの電話。出てみると今度は父。“もしもし!もしもし!お父さんは日本人やから英語は話されへんけど、お母さんが練習しろっていうからかけてみたんや!” 英語が話せないなんてとうの昔から知っているよ、お父さん。とツッコミたくなるようなコメント。でもなんかうちの両親てかわいい人たちだな~と、じーんと来た今日この頃。

そうです。前置きが長かったけれど、今回は“なんでやねん!?でもかわいいもの”の特集です。

このお皿、ぶらぶらと歩いていた時に調度立ち寄った服屋さんに置いてあったもの。普段絵のついたお皿はあんまり好きではないんですが、絵がかわいくて、“なんでやねん!しかしかわいい~”と思いながら、思わず買ってしまった一品。

このお皿が登場するときは来るのでしょうか。。?

dscn0459[1]

さてこのスノーボールクッキー、暦の上ではもう春というのに、まるで真冬、もしくはクリスマスにさかのぼり!?“なんでやねん”と思うけれど、かわいいし、おいしいし、しかも簡単なんです。もうこの際、“なんでやねん”でも“かわいい”でもなんでもいいです。おいしいものを食べましょう

dscn03641[1]

<材料> 15個分
•バター           95g
•薄力粉           150g
•砂糖            40g
•サラダ油          適量(小匙1から2程度)
•粉砂糖           適量

dscn03671[1]

バターをレンジで完全に溶かし砂糖を加えて混ぜます。

dscn0369[1]

小麦粉を加えひとかたまりにする。この際、生地がパサパサしてまとまらないようなら、サラダ油を小さじ1程度から練りこむ。

dscn0376[1]

生地を15等分に分け丸めてオーブンシートを敷いた天板にのせ、170度に予熱したオーブンで15分程度焼く。

kako-9hjwZASwthkbEvtZ[1]

若干の焼き色がついたら、オーブンから出し冷ます。5分程度おき、少し冷めたら砂糖をまぶす。完全に冷めたら粉砂糖をもう一度まぶしてできあがり!


パン・お菓子作り ブログランキングへ
12:55 | sweets | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2013/02/02 にんじん タマネギチョップパスタ Chop Chop Pasta
dscn0454[1]

皆さんこんにちは。

実は私、ここカナダに来てから日本ではそんなに食べなかったものでも新たに発見し、いろんなものを試しては成功と失敗を繰り返してるんですね。

その1つがヨーグルト!カナダのヨーグルトはめっちゃレベル高い!めっちゃおいしい!めっちゃ種類が多い!言うならばヨーグルト先進国と言っても過言ではないのではないでしょうか!

dscn0475[1]

写真はほんの1部なんですが、フレーバーもかなり充実していて、ヨーグルト濃度のパーテージまで表示があるんです。そしてゴートヨーグルトやビーガン用アーモンドミルクヨーグルト!??ソイヨーグルトまで、スーパーには棚一面にヨーグルト!もーヨーグルトって、、、一体ナニ?って思ってしまうくらいです。

私のお薦めは写真左のグリークヨーグト!グリークとはギリシャですね、ギリシャの人はヨーグルトをサワークリームのように使うせいか、めちゃ濃厚!酸味も無くておいしいです。後は真ん中のメープルフレーバーヨーグルト!さすがカナダ!メープル推します。特に嫌味のない甘さなので日本人の口にもあいます。

皆さんもカナダに来たらぜひ1つトライしてみてはいかがでしょうか?

さてさて、今日はにんじんタマネギチョップパスタ。題名のとおり、みじん切りして炒めるだけです。ああっ家になんにも無い!と言うときにも少ない材料でヘルシーに。

時間をかけてゆっくり炒めれば、たまねぎとにんじんの甘みも出てよりおいしいです。

dscn0427[1]

<材料> 2人分
•にんじん             3本(カナダのにんじんは細いので、日本のにんじんなら大1本) 細かくみじん切り
•タマネギ             中1個 細かくみじん切り
•にんにく             1片 細かくみじん切り
•アンチョビ            5切 細かくみじん切り
•ドライチリ            2つまみ程(お好みで調節してください)
•パン粉              大匙2
•ベジタブルスープストック     250cc(無ければコンソメで代用してください)
•オリーブオイル          大匙2
•塩胡椒              適量

dscn0431[1]

鍋にオリーブオイルを入れ加熱し、にんにく、タマネギを中火で炒める。タマネギに透明感が出てきたら、にんじんを加え15分ほど焦げないように炒める。

dscn0435[1]

ドライチリ、アンチョビ、ベジタブルスープストックを加え蓋をし、中火で少なくとも30分以上は煮詰める。(長く煮詰めれば具材もほろっとなってよりおいしくなる)たまに蓋を開け混ぜる。汁気がなくなってきたら水をたす。ソースを仕上げる10分前くらいにパスタをゆで始めるが、できればパスタのゆで汁を使うとよい。

汁気を少し残しパン粉を入れ、ざっくりと混ぜ、塩胡椒で味を調える。

dscn0443[1]

ゆでたパスタを鍋に入れて混ぜ合わせ皿に盛り、パルメザンチーズをかけ、胡椒を散らしてできあがり


料理レシピ集 ブログランキングへ
12:32 | pasta | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ



Copyright © Foodies Canada All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。