--/--/-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top
2013/06/28 potetono
スポンサーサイト
13:29 | sweets | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2013/06/23 卵不使用のココナツクッキー-coconut cookies-
DSCN3321.jpg

今日はこんなパン買っちゃいました~!


DSCN3305.jpg


じゃ~ん!

と言っても普通のライ麦パンです。が、これは“VCC”と言ってバンクーバーコミュニティーカッレッジのベーカーコースの学生さんが作ったパンで、授業で作ったパンを格安で売っているんです。

ちなみにこれは$2,25、だいたいこういったパンをパン屋で買ったら$5前後するので、ほんと格安です!

他にも私が見たのはエクレア4つで$3とか、とかとか。。すいません、他は忘れましたが、オーガニックと謳っていても、解凍品だったり、古かったり。。ぽつぽつ見かけます、バンクーバー。それに比べて、これはフレッシュで安い! しめしめ、これは穴場だわ!と思いきや、知る人は知ってるんですよね。時間はかからなかったけど、結構な長蛇の列でした。

そして味も素朴ですが、おいしかったです。


今日は私も素朴なクッキーを作ってみました。卵を入れてない分、生地がまとまりにくかったですが、味はしっかりとおいしいです。

でもダメですね、これ系のクッキー。。食べだすと止まらない。そして胸焼けして後悔するのがお決まりコースです。


     <材料>
・薄力粉          240g
・バター          160g
・粉砂糖           90g
・ココナッツファイン    70g

粉砂糖と薄力粉を一緒にふるいにかけておく。

ボールにバターをクリーム状になるまで混ぜる。(室温に戻し10秒ほどレンジにかけるとよい)
そこにココナッツファインを加え、ゴムベラで混ぜる。



DSCN3310.jpg


粉類を2回ほどに分け、ボールに加えまとまる程度に混ぜる。が、練らないように注意。


DSCN3315.jpg


バナナの一回り太いくらいの太さの棒状に生地をかため、冷蔵庫で1時間ほど寝かす。


DSCN3317.jpg



包丁で1cm弱に切り、160℃に予熱したオーブンで17分~20分焼く。

実は写真の生地は表記の分量以上に粉が入っています。でも少しドライすぎたので、表記の分量で作ったほうが生地がまとまりやすいと思います。


DSCN3324.jpg


間違いないですね;)


今回もブログに訪問いただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。よければ下のボタンクリックお願いします。


パン・お菓子作り ブログランキングへ

powered by レシピブログ



レシピブログに参加中♪
  

15:40 | sweets | コメント:2 | トラックバック : 0 | page top
2013/06/18 フルーツショートケーキ風カップケーキ-fruits cupcakes-
kako-SYmdYjB7aHxXXUd7[1]


今日は私の最近はまってるお茶紹介。。。

     IMG_0525.jpg


じゃ~ん!と言ってもぜんぜん読めませ~ん!もちろん裏面は英語なのでアールグレイとセイロンが入ってるぐらいは分かるんですが、なにしろ中東のお茶なんて試したこともなく、CDのジャケ買いならぬ、紅茶のパケ買いしてみました~。

これがおいしい!香りがすごくいいんです。リプトンのファミリーパック並みに入っているので、まずかったら飲みきれない。という少々の恐れはあったんですが、これがなくなるなくなる!たまにはパケ買いもしてみるもんですね~。

日本のみなさん、もし見つけたらぜひオススメします!
カナダのみなさん、中東系のお店で是非どうぞ!100パック入りで4ドルほどで売ってます。安いでしょ!


今日はショートケーキ風カップケーキ作ってみました。

バンクーバーの1ついいところ、フルーツ種類が多くて安いんです!今日は苺とキュウイとラズベリーとマンゴーを使ってみました。苺はすかすかでハズレでした。残念!まあたまにはそんなこともありますよね!

DSCN3235.jpg

     <材料>
・薄力粉        120g
・砂糖         120g
・卵          3個
・サラダ油       35cc
・牛乳         大さじ2
・バニラエッセンス   数滴

・お好みのフルーツ   適量
・生クリーム      適量 ※砂糖(分量外)を加えホイップを作る。


マフィン型にオイルを敷き小麦(分量外)をふって下準備をしておく。

卵の黄身と砂糖の1/3ほどを加え、白っぽくなるくらいまで泡立てる。そこにサラダ油、牛乳、バニラエッセンスを加え、再度よく混ぜる。




DSCN3239.jpg


別のボールに白身を入れしっかり泡立てる。角が立つようになってきたら、砂糖を2、3回に分けて更にしっかり泡立てる。




黄身のボールにメレンゲの1/3程を加え、混ぜる。混ざったら、残りのメレンゲを加え、ゴムベラで下からすくい上げるように混ぜる。

型に生地を流し込み、トントンと型をテーブルなどに打ちつけて空気を抜く。


     DSCN3246.jpg


170℃に予熱したオーブンで25~30分焼く。


DSCN3252_20130618114805.jpg


生地が冷めたら型からはずし、半分に切り、ホイップクリームを塗り、フルーツを挟み、お好みでトッピングしてください。


DSCN3257.jpg

フルーツは一緒ですが、トッピングちょっと遊んでみました。色鮮やかなフルーツで、夏の感じしてきました~!たまにはこんなのもいいですね!



今回もブログに訪問いただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。よければ下のボタンクリックお願いします。


パン・お菓子作り ブログランキングへ

powered by レシピブログ



レシピブログに参加中♪
  

12:34 | sweets | コメント:2 | トラックバック : 0 | page top
2013/06/07 チョコレートタルト-chocolate tart-
kako-xe0ZBcEsHl5hyZEe[1]


こんにちは


今日はバンクーバーのフレンチベーカリー紹介します。

IMG_0470.jpg


Faubourg
 です。ここはフランス人の友人も、フランスで食べるクロワッサンの味に近いと言うくらいで、本場クロワッサンの味と謳っていいんですかね?サクッとしていておいしいです。
日本のPAUL(ポール)のクロワッサンの感じかな。。でもポールの方がさくさくしているような。。ポールのクロワッサンはほんとにおいしかったな~。食べたいな~。。。

と、他のクロワッサン屋の紹介になりそうですが、ここ、Faubourg のクロワッサンも勿論おいしいです!


IMG_0466.jpg IMG_0468.jpg

じゃ~ん、こんなマカロンやカラフルなケーキまで!かわいい~!

たまには優雅にフレンチベーカリーでケーキでもいかがでしょうか。こんな日、女子には必要ですよね!

さて今日はそんなかわいいものが作りたくって、チョコタルトにラズベリーのせてみました。ラズベリーって中空洞だから、なんか赤いアフロのカツラに見えるのは私だけでしょうか。。?ははは~どうでもいいですね。。

DSCN3164.jpg



   <材料> 18cm型

・チョコ         120g
・生クリーム       150cc
・砂糖          大さじ1(お好みで調節してください)
・卵(溶き卵)      1個

・タルト生地
   作り方は、簡単でおいしいタルト生地をご参照ください。 ただ今回はタルト生地浅めに作ってください。


DSCN3167.jpg


生クリームを鍋に入れて火にかけて、沸騰直前で火を切り、湯銭で溶かしたチョコレートを加え、均等に茶色くなるように混ぜ、少し冷めたら卵を加え、泡だて器でよく混ぜる。


DSCN3168.jpg DSCN3170.jpg 

タルト生地にチョコレートソースを流し込み(ソースは少し残しておく)、180度に予熱したオーブンに25~30分焼く。(写真左)

焼けたタルトが冷めたら、残りのチョコレートソースをかけて、ケーキを傾けたりして均等になるようにのばし、冷蔵庫で冷やす。(写真右)


kako-HwfjL8G4qLOGTtzq[1]


上のトッピングは生クリームとラズベリーですが、お好みで!


kako-wFSfYIJybOViLmU3[1]

たまにはお家でプチかわいいもいいですよね!

今回もブログ最後まで読んでいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。よければ下のボタンクリックお願いします。


パン・お菓子作り ブログランキングへ

powered by レシピブログ



レシピブログに参加中♪
  

13:27 | sweets | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2013/05/19 クレープシュゼット-Crepe Suzette-
kako-mVTq2XiWaHmMzrr6[1]




今日は図書館で2ヶ月も、待ちに待ったフレンチ料理家、レイチェル クー(Rachel khoo)の本!!
ところでみなさんご存知ですかね、彼女?

     DSCN2914.jpg

彼女はイギリスでアパレル関係の仕事をずっとしていたんですが、パリのコルドンブルーで勉強をしに、単身フランスに渡り、家政婦のような仕事をしながらフランス語を学び、カフェベーカリーでも働き、自分のアパートの小さな1室でレストランを開き、それがだんだん話題になり、テレビ出演するようになり、本も出した、サクセスウーマンです。めちゃめちゃ根性ありますよね!かっこいい!

もともとアパレルで働いていた彼女の服やキッチンのセンスも素敵で、お料理も平野レミ並に手際がいいんです。是非英語ですが、YOU TUBEオススメします。

ただ一つ、日本じゃ結構材料入手難しいんです。カナダでも若干。。。

今回はその中で、日本でもカナダでも入手簡単なレシピ、クレープシュゼット紹介します。クレープシュゼットとはオレンジジュース、皮のカラメルソースとリキュールのソースがけなんですが、今回はリキュールなかったんで、赤ワイン使っています。それと、レシピ分量は若干変更して砂糖とバターは減らしています。



DSCN2911.jpg


<クレープ生地 材料> 5~6枚分
・薄力粉          100g
・卵            1個
・牛乳           100ml
・砂糖、塩         一つまみずつ
・バニラエッセンス      数滴
・バター          フライパンに敷く用

DSCN2886.jpg


  <オレンジソース 材料>
・オレンジ皮        1個
・オレンジ汁        1個
・赤ワイン         30ml
・砂糖           30g
・バター          35g

DSCN2887.jpg DSCN2897.jpg


バター以外をソースパンに入れて絡める状になるまで15分ほど煮詰めます。ソースがトロッとしたら火を切り、バターを入れて溶かします。


     DSCN2894.jpg



ソースを煮ている間にクレープを作ります。
クレープの材料を全てボールに加え、かき混ぜて、フライパンで中火で焼く。あまり熱すぎるとすぐ焦げるので、焦げそうだと弱火にしてください。


kako-mVTq2XiWaHmMzrr6[1]


焼きたてクレープに熱いソースをかけてできあがり!


DSCN2908.jpg

ちなみにこんなのも作ってみました~!アボカドがフレンチの雰囲気を見事に台無しにしていますが、おいしかったです♪

今回もブログを読んでいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。よければ以下のボタンクリックお願いします。



パン・お菓子作り ブログランキングへ

レシピブログに参加中♪
17:16 | sweets | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ



Copyright © Foodies Canada All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。