--/--/-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top
2013/06/13 カッテージチーズとフレッシュディルとベーコンのパンケーキ-cottagecheese&freshdill&bacon loaf-
     kako-6MjpEH04G3mM7Uq4[1]


先日また久しぶりにチーズケーキ作りました。やっぱりチーズケーキはケーキの王様ではないかと思うほどおいしいんですよね。そして失敗率も低い。

DSCN2820_20130613112947.jpg

これ前に載せたレシピと一緒です。濃厚チーズケーキ 簡単、濃厚、最高、一晩置いたらもっと最高!!。。ラップの歌詞になりそうな。。。チーズケーキ♪Yo♪Check it out♪ なんちゃって。



しょうもない話はさておき、今日はチーズはチーズでもカッテジチーズを使ったパンケーキ。といっても甘くないです。以前フランス、ブルターニュ出身の友達が、山岳地方のアルペン料理だと言って、チーズの入ったローフを作ってくれたことがあるんですね、それがおいしかったので、そのアイデアを参考に作ってみたんですが、結構いけますよ!



DSCN3201.jpg



     <材料>
A
・薄力粉          150g
・砂糖           20g
・ベーキングパウダー    小さじ1

B
・カッテジチーズ      250g
・バター          30g(レンジで15秒程温め柔らかくする)
・卵(溶き卵)       2個

C
・ベーコン         2枚(刻む)
・フレッシュディル     3,4枝(葉の部分のみ使用。刻む)



1 材料Aの粉系をボールで混ぜる。

2 材料Bを大き目のボールに入れ、手でしっかり混ぜる。バターの塊を残さないようにする。

3 Bの入ったボールに材料Cも加え混ぜる。

DSCN3207.jpg

4 こんな感じになったら、材料ABに加え混ぜ合わせ、バターと粉を敷いた型に流し込み、とんとんっとテーブルに型を落とし、空気を抜き、170℃に余熱したオーブンで50分~55分焼く。

DSCN3214.jpg


甘くないので、サラダなんかと合わせて、1食になりますよ~!



今回もブログに訪問いただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。よければ下のボタンクリックお願いします。


パン・お菓子作り ブログランキングへ

powered by レシピブログ



レシピブログに参加中♪
  

スポンサーサイト
16:25 | baking | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2013/06/04 ホワイトブレッド-white bread-
DSCN3119.jpg


今日はミルクを使わないさっぱりパンを紹介しよと思ったのですが、意外としっかりリッチなパンに仕上がりました。

さてパンと言えば、先日イーストバンクーバーのメインストリートと12thあたりにある、フィリピンベーカリーショップに行ってきました。
フィリピンと聞いてパン!って思うことはまあないと思いますが、結構おいしいんです。

ここはミルクバンズのようなパンが有名で、1個20セントか30セントの値段で買えるので、みなさん6個や12個って大量に買っていくんです。私の行くときは、なぜかいつもフィリピンのおばさんたちでいっぱいです。
現地の人が行く店にハズレはないと言う私のジンクスにより、今回挑戦したのは、、


DSCN3063.jpg


紫ヤム芋ブレッドです!実は中の写真撮り忘れてしまいましたが、紫の芋生地がマーブルになって練りこまれているパンです。
欧米系の軽い食パンに比べ、芋が入っているせいか若干リッチなパンでした。
店はそんなに入りやすい雰囲気ではないですが、一度勇気を出して入ってみると、結構おもしろいもんありますよ!

そして、このパンも秒殺の勢いで無くなってしまった今、またパン作りました~!


<材料> 6個分
・水(ぬるま湯)      300ml
・ドライイースト      7g
・砂糖           大さじ1.5
・バター          30g(柔らかくしておく)
・塩            2つまみ
・強力粉1         130g
・強力粉2         360g
・サラダ油         小さじ1~2

DSCN3066.jpg


水、ドライイースト、砂糖をボールに入れて軽く混ぜ、2,3分置いておく。

そこに強力粉1とバターを加え泡だて器で混ぜる。


DSCN3069.jpg


強力粉2と塩をあらかじめ混ぜておき、ボールに加えて混ぜ、ある程度まとまったら、打ち粉をしたテーブルや台の上で10分程度、生地がスムーズになるまでこねる。

きれいなボールにサラダ油を敷き、生地を入れて、生地にオイルがかぶるように、ころころと少し転がす。

布をかぶせて2倍の大きさになるまで、1次発酵をとる。


DSCN3088.jpg


発酵が済んだら、ガス抜きをし6等分にわけ、丸めて2次発酵。


DSCN3104.jpg


200度に予熱したオーブンで20分から25分ほど焼く。


DSCN3119.jpg


                   kako-TzECNcvhujf4v5Nq[1]

実は、6等分のうち4個の生地をローフにしようと型に入れたのはよかったんですが、成形失敗して虫のような、頭のような、変なローフに仕上がってしまい、その上変な落書きまで。。笑(子供か。。!?)


おいしければいいんですよね!


今回もブログ最後まで読んでいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。よければ以下のボタンクリックお願いします。



パン・お菓子作り ブログランキングへ

powered by レシピブログ



レシピブログに参加中♪
  
12:53 | baking | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2013/05/28 チョコホッリックのフォンダンショコラ-fondant au chocolat-
kako-RDZnv0Np1f0jP6vZ[1]

こんにちは。

こちらだいぶ夏に近づいてきたかと思いきや、最近雨ばっかりで季節が逆に戻った様なバンクーバーです。

それでも近所の八百屋にはマンゴーをはじめ、アメリカンチェリーやアプリコット、グレープ、パイナップルなどが出回るようになってきましたー!

感動なのが、マンゴー安いんです。1個1ドル位で買えたりするんです!太陽の卵の約1/100の値段ですね!
ちなみにホールパイナップルも1.5ドル程度。そう思うとちょっとしたフルーツ天国。。!?ここ!?

ところでみなさんマンゴーの切り方って知ってます?
私はもちろん知らなかったんですが、結構簡単でおもしろいんですよ。

DSCN2675.jpg DSCN2676.jpg

種をよけて3等分に縦に切って、真ん中は種をしゃぶるなどしていただいて、両サイドは写真みたいに縦横に、皮を破らない程度に切れ目を入れておくんですね。そして指で背中をくッと押すと右のマンゴーのようになるんです。おもしろい!ハリセンボンみたい。。?でもないですね。。


マンゴーはさておき、今日はマンゴーとは全然関係のない、フォンダンショコラです!
わかってるんです。全然ヘルシーなお菓子ではないってことは。。でも、中がとろけて、外はサックリと。チョコ好きにはたまらん1品ですよね。


DSCN3008.jpg


   <材料> ココット3個分
・チョコ         120g
・バター         110g(溶かす)
・薄力粉         65g
・卵           2個
・砂糖          60g
・ココアパウダー(無糖) 15g


チョコレートを湯せんして、溶かしたバターを加えしっかり混ぜ合わせる。

ココアパウダーと薄力粉を混ぜておく。


DSCN3011.jpg


卵と砂糖をボールに入れ、白くなって、泡が相当きめ細かくなるまで泡だて器であわ立てる。10~15分。




DSCN3014.jpg DSCN3016.jpg


そこにチョコレートソースを加え、ゴムベラで下からすくうように混ぜる。きっちり混ざったら、粉類をふるいにかけて加え、しっかり混ぜ合わせる。


kako-mcFZkyaAJUnxAt8L[1]


200度に予熱したオーブンで10分焼く。ちなみに私は11分焼きました。


あまり焼きすぎると、ただのチョコケーキになります。それはそれでおいししですけどね♪
もっとちっちゃく作る方は、焼き時間若干短めでもいいかと思います。

kako-9g3MPVGupSrq8KTJ[1]


   kako-u7pPrGmycNjZp0PX[1]


なかとろとろで最高です。


今日もブログを読んでいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。よければ下記のボタンクリックお願いします。


パン・お菓子作り ブログランキングへ

powered by レシピブログ



レシピブログに参加中♪
  
12:46 | baking | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2013/05/18 パイナップルとココナッツマフィン-pineapple&coconut muffines-
DSCN2870.jpg




こんにちは、

今日は信じられないことが、、、橋を渡っていたら、まるで漫才のツッコミのように、カラスに後頭部を翼で、パシコーンッとたたかれました。
以前もブログに書いたんですが、バンクーバーはスズメより鳩よりカモメより、カラスが多いんです。そしてそのカラスたち、結構アグレッシブで、友人も頭を2度掴まれたそうです。私も数回近くの人が飛んできたカラスにヒットされたの観たことあるんです。

怖いですよね~もし頭掴まれると、爪鋭いんで結構痛いらしいです。バンクーバー在住の皆さんは、お気を付けくださいね。しかしカラスのツッコミを受けた後、橋の上で恐怖のあまり、お気を付け過ぎた私は、きょろきょろしすぎて変なヤツ以外の何者でもなかったのは間違いありません。。

IMG_0552 - Copy

ちなみにその橋、キャンビーブリッジから撮った写真。こうして見ると、きれいな街です、バンクーバー!右側がダウンタウンです。

本日天気のいいバンクーバー、16度しかなかったけど、日差しきついのでしっかり足日焼けしてしまいました。そんな今日は、暖かいバンクーバーでトロピカルのマフィン作ります。
砂糖漬けのドライパイナップルとココナッツ、レモンが入ってます。

DSCN2855.jpg


   <材料>  7~8個分
 ①
・薄力粉            200g
・砂糖             110g
・ベーキングパウダー      6g
・パイン(砂糖漬けドライパイン)70g(だいたい2枚分を0,3ミリ角位に切る)
・ココナッツファイン      70g
 ②
・バター(室温)        100g
・卵(溶き卵)         2個
・牛乳             100ml
・レモン皮           1個
・レモン汁           1個

下準備として、マフィンの型にオイルをしき、小麦粉をまぶしておく。オーブンは170度に余熱しておく。

DSCN2860.jpg

材料①と②それぞれボールに分けて混ぜておく。

DSCN2861.jpg


①と②を一つのボールにまとめ、ゴムベラでざっくり混ぜる。


DSCN2865.jpg


7~8等分に分け、マフィン型に入れ、1度トンと型をテーブルに落とし空気を抜いて、170度で25分から30分焼く。


DSCN2867.jpg


        できあがり!


   DSCN2874.jpg


今日も最後までブログを読んでいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています、よければ下記のボタンクリックおねがいします。


パン・お菓子作り ブログランキングへ

レシピブログに参加中♪
01:22 | baking | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2013/05/09 ハンクブレッド-Hunk of bread-
DSCN2754.jpg


先日はロシア方面のキリスト教のイースターだったようで、職場のロシア人の同僚から、こんな差し入れいただきました~!


     IMG_0537.jpg


じゃ~ん!ロシア風イースターエッグです。正確に言えば、この模様はウクライナのものだそうです。
私にはロシアとウクライナの模様の違いはよく分かりませんが、かわいいな~。


この、神戸北野異人館のお土産屋さんに売ってそうな卵たち、中はゆで卵で、フィルムと殻取って、塩つけて食べました。


さて、新しいオーブンもきて、今日は久しぶりのベーキング!
なんとなくパイ皿にパン生地敷き詰めてみよう!とやってみました。

材料には牛乳270ccと書いてますが、実は牛乳足りなかったので、持ってたブルーベリーヨーグルトと少し水混ぜてます。そのため、写真の牛乳若干紫色です。あしからず!

DSCN2741.jpg


   <材料>
・強力粉            400g
・砂糖             45g
・ドライイースト        8g
・牛乳(ぬるめ)        270cc
・バター(室温に戻す)     24g


DSCN2742.jpgDSCN2745.jpg

牛乳にドライイーストを混ぜ、強力粉に砂糖を混ぜる。
それらをボールに一まとめにして捏ね、ある程度まとまったらバターを加え、生地が滑らかになるまで捏ねる。
写真のようにラップをし、生地が2~2,5倍になるよう一時発酵をとる。40度くらいで約1時間~1時間半。膨らまない場合はもっと。




DSCN2749.jpg


生地のガス抜きをする。サラダオイルを敷したパイ皿に、8等分に分けて打ち粉をして、丸めた生地を並べる。
※恐らく1個は入らないと思います。

生地が2倍くらいになるまで1時間ほど、2次発酵をとります。


kako-mrw30jXCzQIrQdq4[1]


生地が発酵したら、160度に予熱したオーブンで、15分から20分ほど焼く。


DSCN2760.jpg

できあがり!
黒くポツッと見えるのは、ブルーベリーヨーグルトのブルーベリーですが、あまりにも少量だったので味はなかったです。


今回もブログのご訪問ありがとうございました。
ランキングに参加しています。よければ下のボタンクリックお願いします。




パン・お菓子作り ブログランキングへ

レシピブログに参加中♪
14:24 | baking | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ



Copyright © Foodies Canada All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。